木下優樹菜“おバカキャラ”卒業できず引退、ヘキサゴンファミリーの「天国と地獄」

木下優樹菜“おバカキャラ”卒業できず引退、ヘキサゴンファミリーの「天国と地獄」
拡大する(全1枚)
『ユキナ的な。』出版イベントでの木下優樹菜('09年8月)

 木下優樹菜が引退した。『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)で世に出てから13年、その芸能生活に終止符を打ったわけだが、これは同時に「おバカ」ブームの終焉も感じさせる。あのブームで世に出た人たちの生き残りバトルもそろそろひと区切り、という気がするからだ。



■ヘキサゴンファミリーのその後

 '06年から5年間放送されたこの番組は、'08年にピークを迎え、番組から生まれた音楽ユニットがヒットチャートを席巻した。羞恥心(つるの剛士野久保直樹上地雄輔)とPabo(里田まいスザンヌ、木下優樹菜)が『NHK紅白歌合戦』に出場し、応援に駆けつけたヘキサゴンオールスターズと共演した場面を覚えている人もいるだろう。



 しかし、その翌年には早くも野久保直樹が脱落。きっかけはSNSでの「やらかし」だと報じられている。ブログでマネージャーがコロコロ代わることを愚痴ったり、独立をほのめかしたりして、事務所を怒らせてしまった、というのだ。



 番組を卒業後、舞台に活路を求めたが、翌年『週刊文春』に直撃されると、こんな自虐的なことを言っていた。



「おバカキャラを捨てる? いや、僕の場合、キャラというより、もともとの自分なので、変えようがないんですよね(笑)」



 かと思えば、香田晋のように、おバカキャラがウケすぎて、本業の歌に自信が持てなくなった人もいる。引退して、飲食店を経営したあと、現在は僧侶だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

木下優樹菜のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「木下優樹菜」に関する記事

「木下優樹菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「木下優樹菜」の記事

次に読みたい「木下優樹菜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク