浜崎あゆみが取材中に涙、原作者が初めて語ったドラマ『M』制作秘話

浜崎あゆみが取材中に涙、原作者が初めて語ったドラマ『M』制作秘話
浜崎あゆみと、ドラマ『M 愛すべき人がいて』でアユを演じた安斉かれんと、マサ役の三浦翔平(番組HPより)

 浜崎あゆみがスターになるまでを描いたドラマが先日、最終回を迎えたが、原作となった小説にも注目が集まっている。「平成の歌姫の人生を描くまでには、多くの苦労もあった」という作者の小松氏に、今だから話せるあゆへの思いを聞いてみると―。



■初めて語った原作者の気持ち

「昨年5月に歌手デビューした安斉かれんさんが主役の“あゆ”を演じ、彼女が恋するプロデューサーのマサ役を三浦翔平さん、彼の秘書役を田中みな実さんが演じました。濃すぎるキャラクターや、女性同士のいじめや嫉妬など、ドロドロしたストーリーがSNSで話題になりましたね」(スポーツ紙記者)



 7月4日、浜崎あゆみがスターになるまでの裏側を描いたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。



 実は、このドラマには、原作がある。



「昨年の8月1日に発売された、ノンフィクション作家の小松成美さんによる事実を基にした恋愛小説です。浜崎さんが、事務所の社長である松浦勝人さんと恋に落ち、別れに至るまでを浜崎さんの視点による一人称形式で書いています」(同・スポーツ紙記者)



 小松氏のもとに執筆のオファーがあったのは、'18年の8月初旬のことだった。



「幻冬舎の社長の見城徹さんから“書いてほしい本がある”というお電話をいただいたことがきっかけでした。内容を聞いたところ、“松浦さんと浜崎さんがひそかに交際していた当時のことを、ドラマにしようという話になった。それには原作が必要なんだ”ということでした」(小松氏、以下同)


あわせて読みたい

浜崎あゆみのプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「浜崎あゆみ + a-nation」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + a-nation」のおすすめ記事をもっと見る

「浜崎あゆみ + 炎上」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + 炎上」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「華原朋美」のニュース

次に読みたい関連記事「華原朋美」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 浜崎あゆみ Instagram
  2. 浜崎あゆみ a-nation
  3. 浜崎あゆみ ツアー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。