80代ひとり身女性の「孤独死」を見送って感じた“ひとりで死ぬ”という幸せ

80代ひとり身女性の「孤独死」を見送って感じた“ひとりで死ぬ”という幸せ
拡大する(全1枚)

 1986年『女が家を買うとき』(文藝春秋)での作家デビューから、70代に至る現在まで、一貫して「ひとりの生き方」を書き続けてきた松原惇子さんが、これから来る“老後ひとりぼっち時代”の生き方を問う不定期連載です。



80代ひとり身女性の「孤独死」を見送って感じた“ひとりで死ぬ...の画像はこちら >>
ひとりで老後を生きるのが普通になるのは時間の問題だが、そこで頭をよぎるのが「孤独死」だ(写真はイメージ)第19回
孤独死はそんなに悲惨ですか

 高齢化社会の波の中で、ひとり暮らしの高齢者が増えている。



 内閣府の「令和元年版高齢社会白書(全体版)」によると、2017年は65歳以上の者がいる世帯数は全世帯数の47.2%で、そのうちひとり暮らしの割合は26.4%、夫婦のみの世帯は32.5%だという。65歳以上のひとり暮らしは男女ともに増加傾向で、2015年は65歳以上のひとり暮らしの男性は約192万人、女性は約400万人にのぼる。



 今後、ひとりで老後を生き、ひとりで亡くなるのが普通になるのは、時間の問題だろう。この統計から最後はひとりになる可能性が誰にでもありうることがわかる。



 昭和の時代までは、長男は親と同居するのが当たり前だった。なので、親は家族の中で亡くなることができた。しかし、現代は、そういうわけにはいかない。親も子も同居は望まず、伴侶が死んだら、限りなくひとり暮らしにならざるをえない。



 そこで、頭をよぎるのが、「孤独死」ではないだろうか。何か月も発見されずに腐敗した遺体や汚れた部屋の状況など、メディアが好んで悲惨な孤独死を多く取り上げることも起因しているが、孤独死のニュースを聞いて、気持ちのいい人はいないはずだ。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「80代ひとり身女性の「孤独死」を見送って感じた“ひとりで死ぬ”という幸せ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    あのなあ1ヶ月も放置されなくたって、凄まじい腐敗臭がするんだが知らんのか???

    1
  • 匿名さん 通報

    何言ってんだ? バカじゃない?

    1
  • 匿名さん 通報

    完全孤独死マニュアル。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク