バイク川崎バイク、短編小説で新たな才能が開花「“BKBのクセに”がホメ言葉」

       
バイク川崎バイク、短編小説で新たな才能が開花「“BKBのクセに”がホメ言葉」
初の短編小説『BKB ショートショート小説集 電話をしてるふり』を上梓するバイク川崎バイク 撮影/森田晃博

 ピン芸人のバイク川崎バイク(以下、BKB)初となる短編小説『BKB ショートショート小説集 電話をしてるふり』(税別1200円)が8月12日に発売される。



 超ハイテンションで「BKB!」と連発するバイク川崎バイクが小説とは、ちょっと意外な気も。



 本書は、そんなBKBがコロナの自粛期間中に執筆し、メディアプラットフォームの『note』に投稿した作品45作と、新たに書き下ろした5作を加えた超短編小説集。そこで本誌が単独インタビュー。エンジンかけて「ブンブン!」といった、いつものハイテンションは封印して、淡々と話をしてくれた。



■1日1話、50日連続で更新すると決めて書き始めた

「種類の違うお話が50話も楽しめるおトク感がありますね。表題の『電話をしてるふり』は、長いほうですが、8ページぐらい。活字慣れしていない人でも楽しんでいただけると思います。最初に載っている『はなことば』とかは、短くて不思議な “ショートショート”という感じがして、特に読みやすいんじゃないかなと思います。難しい話もないですし、すぐ読めて、2度読みたくなる。そんな本になっていると思います」



『note』での執筆開始から書籍化決定まで、わずか3か月という異例のスピードだが、執筆を始めた経緯は?



「今年の3月後半にはすでに舞台はなく、芸人はみな休みになっていました。緊急事態宣言が発令され、仕事を休まなければいけなかったので、最初は喜んでいたのですが、しばらくすると休んでいた芸人たちが一斉にユーチューブなどをやり始めたんです。自分も、なにか発信しないとイカンと思ったんです」


週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「バイク川崎バイク、短編小説で新たな才能が開花「“BKBのクセに”がホメ言葉」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    又吉直樹はいい。芥川賞をとってもヒョウヒョウとした雰囲気も変わることなく謙虚な感じ。

    0
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。