群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート

       
群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート
群馬県草津町の新井洋子町議(右)と黒岩信忠町長

 有名な温泉町が騒然としたのは昨年11月のこと。群馬県草津町の新井祥子町議が、電子書籍などで「2015年に町長室で肉体関係を強要された」と黒岩信忠町長を突然告発したからだ。町長は「全部つくり話」と激怒し、逆に新井氏を名誉毀損で刑事・民事の両方で訴えたのだが、騒動はいま、沸騰点を迎えていて─。





 取材場所に現れた新井氏は少し疲れているように見えた。



「議会で発言すると、町長が“ウソばかり”と突っ込んできて、まともな政策論議ができないんです。ようやく議員活動が再開できたと思ったら今度は議員辞職勧告されるし、居心地がいいとは言えませんが、告発は自分で決めたことなので覚悟しています」



 と胸の内を明かす。



 告発直後、個人間の問題を議場に持ち込んだことが「議会の品位を傷つける破廉恥な言動」だとして懲罰動議が可決され除名処分に。新井氏は「町長は公人で町長室は公共施設」と県に処分の執行停止を申し立て、2月にひとまず復職を果たした。処分の妥当性を判断する自治紛争処理委員の審決はコロナ禍で遅れており、身分がはっきりするまで時間がかかる見通し。



■必ず法的にシロ・クロつける

 それでも新井氏は、



「ウソをついているのは町長。5年前は事件をもみ消されると思って泣き寝入りしましたが、裁判ですべてを明らかにしていきます」



 と決意は揺るがない。



 一方、黒岩町長は名誉毀損容疑で新井氏と電子書籍の著者を刑事告訴するとともに、新井氏ら3人を相手取り「回復困難な人格権侵害を被った」として慰謝料計約4400万円などを求める民事裁判を起こした。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    誰でも口では好きなだけ何とでも自由に言える。そうでないと言えるだけの証拠。論より証拠、証拠が一番。証拠さえあれば相手は逃げられない、仮に逃げたところで何時か何処かで必ずや天罰が下る。口じゃダメ、証拠。

    2
  • 匿名さん 通報

    こんな気持ち悪い顔した女を襲うか?話に無理があるんでなかろうか。それに女は決まって話を大きく盛るし作り話も多い。伊藤詩織なんか良い例だぞ、自ら誘っておいて仕事もらえなく根に持ち嘘の被害を訴えたアホ女。

    1
  • 匿名さん 通報

    そいつが犯人で間違いと言えるだけの100パー絶対的な証拠ないよね。ああだこうだ口で言ってるだけで今のところ何一つも証拠なし。この手の女は伊藤詩織もそうなんだけど、逆に嘘の証拠を幾つも残すもんなんだよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    https://politicsenter.com/6130.html こちらのサイトに詳しく書かれてる。彼女と言い取り巻きと言い何か胡散臭いですね。この手の女は多いです、男性様は気を付けて。

    1
  • 匿名さん 通報

    他のサイトでは「洋子」ではなく「祥子」になってるけど、どっちが正しい?

    0
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。