ただ、その後、彼女が全盛期のベッキーのようなポジションに登りつめたとはいいがたい。そこまで行けなかった理由のひとつが、大物ウケがいまひとつなことだ。



 たとえば、デヴィ夫人とは7年間にわたって、共演NGの関係だった。明石家さんまのバラエティーで「審査委員長役」を振られた小島が、夫人のかくし芸よりほかの人のそれを優勝にしてしまったため、逆鱗に触れたことがきっかけだ。



 とはいえ、夫人だってテレビタレントだ。普通はこれほど怒らないし、小島のやったことがバラエティー的には正解だったとする見方もある。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で夫人がベッキーと仲よくやっていたことを思うと、小島はもともと気に入られていなかったのだろう。



 大物といえば、4年前、草野仁と出ていた旅番組でこんな場面を見かけた。草野が「当年とって62歳、実年齢は72歳」というオヤジギャグを口にしたとき、彼女は「当」と「十」をかけたことがわからず「実年齢って、犬みたい」と、ズレた返しをしたのだ。



 これが指原莉乃藤田ニコルだったらどうだろう。自分の無学を隠さず、ちゃんと意味を聞き返すなどして、話を広げたりするのではないか。小島には、そういう本当の賢さが足りないようにも思われる。



 そんな弱点をちょくちょく露呈させているのが、最近の彼女だ。4月にはインスタライブで、筋トレを批判。



「男たるもの、見せる筋肉じゃなく使える筋肉を持っとけよって思う。役に立つ筋肉のほうがよくない? どうすんの、見かけだけの筋肉」