工藤静香はいつから“ミラクルひかる風”になったのか? 変化しまくりの歌唱法を検証

工藤静香はいつから“ミラクルひかる風”になったのか? 変化しまくりの歌唱法を検証
       
1988年の工藤静香

 今や芸能ニュースでは、毎週のように見かける工藤静香。特にここ数年、家族がらみの報道が絶え間なく出るたびに、彼女が木村家の“影の司令塔”に違いない、と推測されるような記事が目立つ。また、ネタが不足する週は彼女のインスタグラムをチェックしては、ファンが絶賛しまくる手料理写真などをニュースに盛り込むメディアも。玉ねぎの皮や野菜の切れ端からだしを取るだけで「野菜くずで料理?」と物議を醸(かも)し出すことまで記者は織り込みずみで、結果として数多くの言動が話題を読んでいる。内容はともかく、ある意味、彼女は芸能ニュース界の“ドル箱的存在”なのかもしれない。



■初期の静香、音程がズレすぎて……

 そんな静香だが、昨年も新作アルバム『Deep Breath』(その初回盤はなぜか彼女の顔がプリントされたエプロン付き!)を発売し、全国ツアーやディナーショーを開催。今年もコンサートツアーが予定されていたように、本来はれっきとした現役アーティストなのだ。



 彼女がアーティストして注目される理由は、スレンダーな体形もさることながら、やはりクセの強い歌い方だろう。平成初期では森口博子、中期では友近、そして平成後期から令和にかけてはミラクルひかると、さまざまな歌手や芸人が彼女をまねて注目されるほど、ネタとしては鉄板の歌い方だ。



 1980年生まれのものまねタレント・ミラクルひかるは、2006年ごろにその芸名のキッカケとなった宇多田ヒカルのものまねでブレイク。歌い方や話し声までソックリで、宇多田本人も認めるほどの腕前だ。その後も、元おニャン子クラブの新田恵利、ソロアイドルの松浦亜弥、歌手の渡辺真知子など、数多くの女性歌手をレパートリーとしてきた。


あわせて読みたい

工藤静香のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「工藤静香はいつから“ミラクルひかる風”になったのか? 変化しまくりの歌唱法を検証」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    工藤静香は芸能界ではブサイクだよ。キムタクは男あさりでブサイクで性格悪そうな静香の どこが良かったのかね。

    1
  • ニャニャー 通報

    今やSMAP騒動以降すっかり嫌われ者になったのは確実。だって、メリーがこの人を可愛がるんだったらジャニーズから一線越え。ましてやバーニングプロ周防社長と同盟を結ぶなら更なる裏切り。

    0
  • ニャニャー 通報

    大体工藤静香、バーニング系だろう・・・キムタクも嫁選び失敗!それでもメリーが静香を可愛がるんだったら、一線越えの裏切り者!SMAP騒動以降嫌われ者になった夫婦はついに逃げ出してしまう(笑)

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「工藤静香」に関する記事

「工藤静香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「工藤静香」の記事

次に読みたい「工藤静香」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 工藤静香 Instagram
  2. 工藤静香 Koki
  3. 工藤静香 嫌いな女

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。