斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴

斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴
拡大する(全1枚)
不倫発覚釈明会見での斉藤由貴('17年)

 世の中には、叩かれる不倫と、そうでもない不倫が存在する。



■不倫しても叩かれづらい斉藤由貴

 前者に比べ、後者は珍しいが、そのレアケースが斉藤由貴(53)だろう。2017年に世間をにぎわせた不倫は、24年ぶり3回目。甲子園の出場校紹介みたいだが、実際、不倫界の強豪だ。その相手も最初が尾崎豊で2度目が川崎麻世と、なかなか豪華。おかげで川崎の妻だったカイヤがブレイクしたりした。一般人の医師が相手だった3度目でも、彼がパンティーをかぶった写真が流出するというインパクト大のエピソードが飛び出したものだ。



 とまあ、派手な不倫を繰り返しつつ、今も女優として活躍中。現在は『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ系)にレギュラー出演している。



 この打たれ強さ(?)はどういうことなのか。その鍵となるのが、2度目の不倫のとき、彼女が会見で口にした言葉だ。



「前の人とのことがあったにもかかわらず、本当に学ばない人間なんだなと自分のことながら悲しい気持ちです」



 自嘲まじりの反省の弁だが、注目したいのは「学ばない」という表現。これは芸能人の場合、必ずしもマイナスなことではない。というのも、人間は現実を学ぶことで夢をあきらめる。いわば、ロマンチストではいられなくなり、夢を見せる力も衰えがちだ。



 それゆえ、長く活躍する芸能人にはロマンチストであり続けるタイプが多く、そのなかに不倫を大目に見てもらえる人がときどきいる。例えば、火野正平。“昭和のプレーボーイ”と呼ばれ、どの愛人からも恨まれていないというレジェンドだ。


当時の記事を読む

斉藤由貴のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「斉藤由貴」に関する記事

「斉藤由貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斉藤由貴」の記事

次に読みたい「斉藤由貴」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク