高橋英樹に草刈正雄、関根勤… 芸能界のビックリ仰天、「親バカ」エピソード!
拡大する(全1枚)
親バカ芸能人(左上から時計回りに)渡辺美奈代と息子・愛弥、東貴博、高橋秀樹、草刈正雄関根勤

「娘が大好きすぎて、娘と同じ大学の同級生になっちゃいました!」ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)でパパ役を演じたムロツヨシ。そんなコメディーをも凌駕しちゃう「リアル親バカ」な芸能人がわんさかいた。その行きすぎた愛情表現……はたして、アウト?セーフ?



■東MAX、娘を「うた様」と崇める

 純真無垢な愛娘が大学に通うことを心配するあまり、娘と同じ大学の同級生として入学する父親。ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)は、そんな極端な親バカを描いた物語。ところが、芸能界を見渡してみると、負けず劣らずな「親バカ」が至るところに……。



●「グラビアもいける!」ブログが娘の写真集に……

 東MAXことタレントの東貴博(50)は、妻でタレントの安めぐみ(38)との間に、2015年、第1子となる長女・詩歌ちゃんが誕生。とある記者会見でも、東は「どの子よりも可愛い」と堂々宣言していた。



「親バカで自分だけ可愛いのかなと思ったけど、誰から見ても可愛いみたい。すれ違う人がすげー可愛いなって。1人や2人じゃないんだから」



 とデレデレ。



「“芸能界入りもあるのでは?”という記者の質問にも“七光は十二分にある。写真を撮ると、グラビアいけるんじゃないかってぐらいセクシーなんですよ!”とノリノリで、まるでマネージャーのような口ぶりでしたよ」(スポーツ紙記者)