小泉今日子、ツイッターでの「政治的発言」も武器にして、貫き通す「脱・王道」

小泉今日子、ツイッターでの「政治的発言」も武器にして、貫き通す「脱・王道」
拡大する(全1枚)
小泉今日子

 最近、政治について発言する芸能人が増えている。そのひとりが小泉今日子(54)だ。



■独自の路線を突き進む小泉今日子

 5月には『検察庁法改正案』問題での政府の姿勢をめぐり、ツイッターで抗議運動を展開。



「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」



 というつぶやきをして、そこに「さよなら安倍総理」「赤木さんの再調査を求めます」というハッシュタグを付け加えたりした。が、政治家から「根拠のないまま嘘と言うのであれば誹謗中傷だ」(参議院議員・和田政宗)という反論も浴びることに。



 同月には、共産党の機関紙『しんぶん赤旗』で渡辺えりと対談した。そんな経緯から「小泉今日子『共産党から出馬』準備」(週刊アサヒ芸能)という報道も出たが、本人は「あんなウソを平気で書くなんて」と、ツイッターで否定している。



 なお、ここ数年の彼女といえば、俳優・豊原功補との不倫を公表して、長年所属した大手事務所から独立。政権批判をするようになったのは、豊原の影響もあるとされる。この調子だと、自身の出馬はともかく、誰かの応援演説くらいは買って出そうな勢いだ。



 ただ、デビュー以来の動きを見ていると、これはさほど驚くことではない。この人は昔から、今でいう“意識高い系”なのが売りだからだ。



 というのも、彼女は日本レコード大賞の新人賞5組に入れなかった。はるかに売れていたシブがき隊松本伊代はともかく、早見優や石川秀美、堀ちえみにも負けたのだ。ライバルたちには、英語や足の速さ、のちに“ドジでのろまなカメ”と呼ばれるキャラといった売りがあったのに対し、彼女にはそれがなかった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

小泉今日子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小泉今日子」に関する記事

「小泉今日子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小泉今日子」の記事

次に読みたい「小泉今日子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク