『相棒』から『野ブタ。』まで、女性読者900人が選んだバディドラマ・ベスト7を発表 
拡大する(全1枚)
『野ブタ。をプロデュース』では、亀梨&山Pの最強バディが誕生。2人が歌った主題歌は'05年のオリコンチャート1位に 撮影/週刊女性写真班

  昨今、主人公たちが2人1組のコンビで活躍する“バディドラマ”が急増中。この秋も山田涼介田中圭のイケメン同士がタッグを組む『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』など、話題作がスタート。いまやすっかりドラマ界のトレンドに。そんな注目のバディドラマを女性読者900人が選んだ人気ランキングトップ7とともに徹底解剖!



■『半沢直樹』も最後は
バディものになった!?

 『MIU404』(綾野剛星野源)、『BG~身辺警護人』(木村拓哉斎藤工)、『未満警察ミッドナイトランナー』(中島健人平野紫耀)、『SUIT2』(織田裕二中島裕翔)、『竜の道二つの顔の復讐者』(玉木宏高橋一生)などバディもの花盛りだった夏ドラマ。



 あの『半沢直樹』にしても最終的には半沢(堺雅人)と大和田(香川照之)がバディっぽい関係になっていたし、今のドラマのトレンドがバディなのは間違いない!



「『MIU~』が典型的なんですけど、バディものの醍醐味って命のやりとりだと思うんですね。相手に命を任せられるかがバディのキモで、それが『MIU~』ではうまく描かれていました。命への不安感が増している今という時代、そういう固い絆を見たいという欲求も強いんじゃないでしょうか」
 
 と語るのは、ドラマウォッチャーで漫画家のカトリーヌあやこさん。
 
 読者による投票で好きなバディドラマの1位に輝いたのは、その名もズバリの『相棒』だ。