浅田真央、お見合い企画の“チープぶり”とお相手に寄せられた「重いコメント」

       

 そして、いざお見合いトークが始まったかと思えば、瀧川鯉斗を前に浅田は、以前マネージャーから「“真央にどうかな”と勧められて興味があった」と嬉々として話すのである。そんな偶然あるかいな。



 つまり、この企画自体、“1対3のお見合い”というテイをとっておきながら、あらかじめ仕組まれていた出来レースっぽく見えるのだ。事前打ち合わせでマネージャーが「ウチの浅田が最近、鯉斗さんのことが気になってましてね」と口走るや否や、早急にスケジュール押さえて、そこに当日スタジオにいるりんたろーと、予定の合わせられる看護師俳優をあてがったのでは……? とか想像が膨らんでしまう。



 そんな下衆な勘繰りをしてしまうくらい、3人のバランスが悪いのだ。ストレートに『浅田真央が最近お気に入りの瀧川鯉斗と連絡先交換!』なんてのは生々しいということで、ワンクッションかませたのかもしれない。これが、浅田サイドの持ち込み企画で“番組を使った婚活”だったとしたら尚すごいが(それはないか)。



 そして肝心の鯉斗である。彼は放送翌日、インスタに浅田とのツーショットを載せたものの《国民的スターいや世界スター 浅田真央さんに選んでいただきました。大変に光栄な事です》といまいち熱がこもっていないようなコメントを出している。



 本人は単純に“浅田真央の4条件にマッチしたタレント”として軽いノリで出たつもりなのかもしれないが、『ホンマでっか』は「ふたりの恋の行方を追い続けます」と言っているぞ。そのところを、本人は自覚しているのだろうか。鯉斗があげたツーショットには浅田のファンと思しき人からの《お似合いです》《真央ちゃんを幸せにしてあげてください》とコメントもすでに寄せられている。いきなり重いが大丈夫か。



 今年で30歳になった浅田真央だが、MCの明石家さんまも年齢を聞いて「国民がみんな子どもやと、我が子のように思っているから」と驚いていた。彼女が今も“真央ちゃん”と呼ばれていることがその主張の何よりの裏付けである。



 節目を迎えて“恋愛にオープン”になった真央ちゃんと、それを見守る国民。そして事の重大さを知ってか知らずかの鯉斗──。恋の行方から目が離せない。



〈皿乃まる美・コラムニスト〉



当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。