永作博美、アイドルから女優の道へ “芝居の楽しさに目覚めた” きっかけとは

永作博美、アイドルから女優の道へ “芝居の楽しさに目覚めた” きっかけとは
       
永作博美  撮影/佐藤靖彦

「最初は血のつながりのない特別養子縁組で迎え入れた子どもと親の距離感ってどうなんだろうって、たくさん想像してみたんです。でも、実際に養子縁組された方にお会いしたり、役に入り込んでいくうちに、理屈じゃないんだと気づいて。



 子どもとの関係はそれぞれ個々の性格によっても変わってくるし、血のつながりがあってもなくても、育て、育てられるという親子。だから、たくさんコミュニケーションをとって、私の“愛でる”日々を過ごしていました」



■映画の“その後”を
夫役の井浦らと披露

 特別養子縁組で男の子を迎え入れた夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の生みの親の葛藤や絆を描くヒューマンミステリー『朝が来る』。



 永作博美は特別養子縁組で母親になった栗原佐都子を熱演。監督は東京五輪の公式映画監督にも就任した河瀬直美(「瀬」は正しくは旧字体)。「ご一緒できてうれしかったです」と永作は初の河瀬組を心待ちにしていたそう。



「周りから独特の雰囲気のある方と聞いていたので、それが体験できるしハードルの高い役をいただけてうれしく思いました。最初は難しい方なのかなと思いましたが、自分の求めるものを追求する、素直な願望の持ち主。ただ、撮影が終わったら、みんなを楽しませようと必死な姿が印象に残ってます」



 そんな河瀬監督のあるひと言で、打ち上げではこんな出来事が起こった。



「監督が“打ち上げには、みんな1人1芸を持ってきて”っておっしゃったんです。私は芸なんてないしやらなくてもいいかなって思っていたんですが、メイクさんたちに“やらなきゃまずいでしょう”って言われて。


あわせて読みたい

永作博美のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「永作博美 + 映画」のおすすめ記事

「永作博美 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「永作博美 + ドラマ」のおすすめ記事

「永作博美 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュース

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 永作博美 イベント
  2. 永作博美 ドラマ
  3. 永作博美 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。