東海林のり子が現場で伝えた真実と、今でも信じている「HIDEさんは自殺ではない」

東海林のり子が現場で伝えた真実と、今でも信じている「HIDEさんは自殺ではない」
       
東海林のり子

 かつて世間の注目を集めた有名人に「あのとき、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。当事者だから見えた景色、聞こえた声、そして当時は言えなかった本音とは? 第16回は、ワイドショー全盛期に、女性事件レポーターの第一人者として活躍した東海林のり子(86)。世間を震撼させた事件の裏側から、“ロッキンママ”だからこそ話せる元X JAPAN・HIDEの素顔とは──。



「たまたま家にいて電話を取ったのが、フジ系で放送されていた『3時のあなた』の事件取材の依頼だったんです。事件現場の取材は経験がなかったのですが、とりあえず二つ返事で仕事を受けて、すぐに現場に向かいました」



 女性事件レポーターの草分け的存在である東海林のり子。「現場の東海林です」というフレーズと丁寧な取材がうけ一躍、お茶の間の顔に。ニッポン放送のアナウンサーとしてデビューした彼女が、ワイドショーで活躍するレポーターへと転身したのは、偶然が続いたからだという。



■レポーターとしての始まり

「長男が生まれ、子育てを優先していた時期だったのでレギュラーでやっている仕事がなかったんです。電話を受けたときは1度きりのピンチヒッターだろうと思ってやったのですが、取材現場についたとき、ちょうど殺された女の子の棺が戻ってきて。それで父親に取材をすることができたんです。するとスタッフに“しばらく続けてくれませんか?”と言われ、レポーター人生が始まりました」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「東海林のり子が現場で伝えた真実と、今でも信じている「HIDEさんは自殺ではない」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    東海林のり子と言えば、有名な頭狂足立ごーかん殺人を現場でお伝えしていた事が、未だ印象に残る。

    0
  • 匿名さん 通報

    その当時はまだ、今のような頭狂報道統制などもされておらず、マイクを握りしめた険しい顔のみのもんたがヘリコプター内で、凶悪犯罪都市頭狂と言い、中継していた事を覚えている。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。