宮本亞門“前立腺がん”を乗り越え、今だから伝えたいメッセージ「死なないで」

宮本亞門“前立腺がん”を乗り越え、今だから伝えたいメッセージ「死なないで」
宮本亞門

 未曾有の大打撃となったコロナ禍。日本を代表する演出家であり、朗らかなイメージが強い彼にも、さまざまな苦難が訪れていた──。がんになったことにより、持つことができた新たな視点とは。そして、現在の演劇界の盛り上がりを語る。



■がんのおかげで優しくなれた

 2019年、テレビの医療バラエティー番組に出演し、前立腺がんが見つかった演出家の宮本亞門。幸い、早期発見で転移はなく、手術でがんを取り除くことができた。



 10月に発売された著書『上を向いて生きる』(幻冬舎)では、治療内容を赤裸々に綴り、がんとの向きあい方を伝えている。



「プライドがあるのか、前立腺の治療のことを語る男性は少ないのですが、僕はペラペラとしゃべっていたので驚かれました(笑)。



 この本にも、放射線治療ではなく手術を選んで、男性機能に影響があることや、術後の尿漏れなど、身体の変化について率直に書いています。でも、誰にでも老いはやってきますし、身体のあちこちが悪くなっていくものです。できなくなったことに焦点をあてるのではなく、自分がやりたいことに心を向けて残りの人生を楽しもうと思いました」



 がんを経験したことで、周りの人との関係にも変化があったという。



市村正親さんには、『亞門ちゃん、がんを経験してよかったね。優しくなったよ』と言われました。前から優しいつもりでしたけどね(笑)。でも、がんになったおかげで、いろんな方と生や死の話ができるようになったのは大きな変化です。町を歩いていても、『大丈夫ですか?』『うちの夫も同じ病気で』などと声をかけられることが増えました。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。