『新しい地図』の快進撃、「ジャニーズを辞めたら干される」を覆した敏腕女性の信望

『新しい地図』の快進撃、「ジャニーズを辞めたら干される」を覆した敏腕女性の信望
       
新しい地図

「ジャニーズ事務所を退所したら、その後の成功は難しい」。そんな定説が覆りつつある。約3年前に退所した元SMAPの稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)が目覚ましい活躍を見せている。



 陰の立役者は元SMAPのマネージャーで現在は3人の所属事務所の代表であるI氏(61)にほかならない。「やっぱりIさんはデキる」。そんな声が芸能界では高まるばかりだ。
 
 どうデキるのかというと、仕事の取り方や選び方、進め方が、SMAP時代も今も巧みなのである。



■Iさんの才能を否定できる人はいない

 まず、来年1月からは香取が主演するテレビ東京の連続ドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室』(月曜午後10時)が始まる。ジャニーズ事務所を離れた後の3人が地上波のドラマに出演するのは初めて。テレ東のドラマ部門は同事務所との関係が在京民放キー局の中で最も薄いので、I氏は交渉しやすかったはすだ。
 
 テレ東側にしても『あぶない少年III』(1988年)以来、33年ぶりに香取がドラマに出てくれるうえ、5年ぶりの地上波復帰作として話題になるから、大歓迎に違いない。
 
 地上波ドラマに復帰できればいいというものではないものの、内容も斬新。香取が扮する主人公・万丞渉刑事の捜査対象はこれまでの刑事ドラマにありがちだった事件ではない。ネット上の誹謗中傷や炎上で命を落とす人を救うため、顔の見えない犯人(アノニマス)を追う。今日的だ。
 
 視聴率の行方はオンエアを見るまで分からないが、手垢まみれの内容ではないので、話題になるだろう。香取にもテレ東にもプラスがもたらされるはずだ。
 
 テレ東は局内でドラマの企画を募集し、300通を超える応募の中から、『アノニマス』を選んだという。その企画者は濱谷晃一プロデューサー。遠藤憲一(59)ら名助演陣にスポットライトを当てた『バイプレイヤーズ』(2017年)や『コタキ兄弟と四苦八苦』(2020年)など話題作の数々を手掛けてきた人で、他局からも一目置かれているヒットメーカーだ。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『新しい地図』の快進撃、「ジャニーズを辞めたら干される」を覆した敏腕女性の信望」の みんなの反応 97
  • 匿名さん 通報

    キムタク自身「SMAPは自分一人で支えてる」と思ってるのが見え見え。その驕り高ぶった態度が世間から(ファンや家族共々)嫌われてんだろ。

    8
  • 匿名さん 通報

    天狗のキムタク様を30年も持ち上げ続けた他メンバーが、どれだけ苦労したか察するに余りある。

    7
  • 匿名さん 通報

    今のジャニタレ達は、グループでつるんで一人前。一人一人に実力や華やオーラがないから、SMAP見ても分かる様に、グループを離れると途端にパッとしなくなるんだよね。

    5
この記事にコメントする

もっと読む

「新しい地図」に関する記事

「新しい地図」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新しい地図」の記事

次に読みたい「新しい地図」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 新しい地図 twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。