坂下千里子は“ただうるさい”だけでない「息の長いバラドル勝ち組」となった理由

坂下千里子は“ただうるさい”だけでない「息の長いバラドル勝ち組」となった理由
       
坂下千里子

 バラドルの旬は短い。アイドルや役者より、参入がしやすい分、入れ替わりも激しいからだ。歌やダンス、芝居に比べ、トークや笑いが簡単なわけではもちろんないが、バラエティー番組には面白くいじるプロがいるので、ある意味、キャラひとつで一時的な人気者にはなれる。



■バラドルの「旬」

 そんなバラドルの旬を考えるうえで興味深い会話が11月18日『中居大輔と本田翼と夜な夜なラヴ子さん』(TBS系)で交わされた。中居正広の「お気に入り」が野呂佳代ではないかと、菊地亜美が主張したのだ。



「だって野呂さん、中居さんの番組でしか出てるの見たことない。中居さんってやっぱり、ちょっと野呂さんに失礼なんですけど、旬な人じゃないんですよね、(中居の)お気に入りって」



 そう言う菊地にしても、ブレイクしたのは6、7年前。こちらも失礼ながら「旬な人」ではない。



 また、菊地が旬だったころ、もっと旬だった鈴木奈々も最近はCMくらいでしか見かけなくなった。同じころに売れた水沢アリーなど、2年間の活動休止を経て、復帰後、当時のキャラ作りの行き詰まりについて告白したりしている。



 しかし、そんな菊地世代のバラドルたちよりずっと昔にブレイクして、今なお息の長い活躍を続けている人がいる。坂下千里子(44)だ。



 '97年に『王様のブランチ』(TBS系)のリポーターに起用され『スリムビューティハウス』のCM「バッチリ、チリ脚」でも注目された。それ以来『笑っていいとも!』『もしもツアーズ』(ともにフジテレビ系)『PON!』(日本テレビ系)といった人気番組に出演。女優や歌をやったこともあるが、基本はバラドルとして生きてきた。


当時の記事を読む

坂下千里子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「坂下千里子」に関する記事

「坂下千里子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「坂下千里子」の記事

次に読みたい「坂下千里子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 坂下千里子 Instagram

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。