炎上どころか山火事も!岡村隆史は“燃えやすい話題”で致命傷、今年のネガティブ流行語

炎上どころか山火事も!岡村隆史は“燃えやすい話題”で致命傷、今年のネガティブ流行語
       
(写真左から)きゃりーぱみゅぱみゅ、岡村隆史、渡部建

 ポロッと口から出た言葉が思わぬところで批判され、隠しごとがバレて集中砲火を浴びる。もはや事件の大きさをはかる物差しになった“炎上”。今年を象徴する大火事ネタの中から、栄えある大賞を選びます!



■暇なときほど燃えやすい 炎上バリエが増えた年

 2020年も残りわずか。1月の東出昌大の不倫騒動に始まり、師走にかけては小林麻耶の暴走が止まらない─。今年も芸能人の不倫、政治家の失言、企業のやらかし・不祥事と、ぺんぺん草も生えない炎上だらけの1年だった。



 特徴的だったのは、新型コロナウイルスに関連する炎上事例が多かったこと。マスクをする、しないでもめたニュースは枚挙にいとまがないし、コロナ関連の失言もあちこちで散見していたことは記憶に新しいはず。



 コラムニストの吉田潮さんは、「コロナを過度に気にしすぎるがゆえに招いた炎上もある。行きすぎたやさしさや配慮がはびこった結果の炎上もあって、炎上と同情がないまぜになった騒動もあった」と、今年の炎上傾向を分析。



 また炎上騒動に詳しいネットニュース編集者の中川淳一郎さんは、「暇は最大の敵だとわかった1年。スポーツやイベントが開催されない4~6月は、各ネットメディアのPV数が非常に好調だった」と説明する。



 その結果、テレビやラジオの発言を切り取るだけで直接の取材をしない“こたつ記事”が氾濫し、質の悪いニュースも飛び出した。


当時の記事を読む

岡村隆史のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「岡村隆史」に関する記事

「岡村隆史」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「岡村隆史」の記事

次に読みたい「岡村隆史」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 岡村隆史 Instagram
  2. 岡村隆史 ぐるナイ
  3. 岡村隆史 めちゃイケ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。