ボビー・オロゴン、妻への暴行事件“ドロ沼”裁判開始裏で自宅から消えたモノ

ボビー・オロゴン、妻への暴行事件“ドロ沼”裁判開始裏で自宅から消えたモノ
       
ボビー・オロゴン

「YES」



 12月3日、初公判で、妻への暴行罪に問われたボビー・オロゴンは、裁判官から「間違っていないということですか?」と聞かれると、短く英語で起訴内容を認めた。



 ボビーが埼玉の自宅で、妻の頬を指先で叩いたとして現行犯逮捕されたのは5月16日。翌日、妻は自宅前でボビーから「長年DVを受けてきた」と、涙ながらに主張。一方、釈放されたボビーは自宅に戻らず、姿を消した。



「バラエティー番組で人気者になる前のボビーは、住んでいた埼玉で知り合った日本人女性と結婚。5人の子どもをもうけてプールつきの家を構えました。自宅や子どもたちをテレビで紹介することも。テレビの仕事が減っても、FXや株で稼いで、ヤリ手な実業家の一面もあったのです」(テレビ局関係者)



 6月下旬、週刊女性はボビーの居場所について、自宅前で妻に聞いたが、



「わかりません。釈放のとき、私に近づかない約束だったので。でも私は今、すごく身の危険を感じています」



 と、怯えながら語った。さらにボビーとの離婚についても考えているか尋ねると、



「もちろんです。でも、海外に留学中の子どもたちへの送金が止められて、生活費も渡されず、電気も止まりそうで。夫は子どもたちに“海外から帰ってこい。学費は母親に払ってもらえ”と言っていて。私の『宅建』の免許も勝手に使われた」



 と訴えていた。



 ところが初公判の前日、ボビーはマスコミ各社にFAXを一斉送信。そこには、


当時の記事を読む

ボビー・オロゴンのプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ボビー・オロゴン」に関する記事

「ボビー・オロゴン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボビー・オロゴン」の記事

次に読みたい「ボビー・オロゴン」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。