井上順のSNSが人を癒す理由「嫌なことってあるんだろうけど、ぼくには見えない」
拡大する(全1枚)

 16歳でデビュー以来、歌って踊って、さらにシリアスな芝居からコメディーまでマルチに活躍してきたエンターテイナー・井上順さん。今年(2020年)の春に73歳でTwitterデビューするや、ダジャレまみれのツイートが「癒される」と話題になり、コロナ禍の中で放送されたNHK朝ドラ『エール』に出演した際にも、Yahoo!リアルタイム検索で「井上順」が1位を獲得するなど時の人になった。思わずニヤッと笑ってしまうツイートについて、そして、いつも笑顔でいられる秘訣について聞いた。



井上順のSNSが人を癒す理由「嫌なことってあるんだろうけど、...の画像はこちら >>
笑顔が素晴らしい井上順さん 撮影/佐藤靖彦

◆  ◆  ◆



 井上順さんのツイートは1日1回が基本。“グッモー”から始まる140文字は、とにかくダジャレ満載。さすが歌って踊れるコメディアン、おっと失礼、エンターテイナーらしく、ザ・井上順ワールド全開なのである。



 例えば、2020年7月17日のツイート。



《グッモー。今日も雨。昨日は仕事帰りにちょっと西武へ。必ず寄るのはここ、あなたの声をお聞かせ下さいの『お客様の声』の箱。東急本店とは一味違う佇まい。ヤッホーと声を聞かせ、オハコの歌も一節、お客様の声の“箱”だけに、ははっ。通り過ぎるお客さんのあの笑顔は、微笑みか?それとも苦笑か?》



 とまあ、こんな調子。井上さんは言う。



「せっかくデパートにそういう遊び道具が置いてあるのに、遊ばないのはねえ(笑)。声を聞かせてくださいと書いてあるから『はい、こんな声でよろしいでしょうか』って箱に話しかけます(笑)。ぼくだってわかっていますよ、お店が求めているのは、紙に意見を書いてくださいって、そっちの声だってことは(笑)。だけどぼくは『お、せ、わ、に~なりました~♪ 音程はどうですかね?』と、歌って話しかけて楽しんでいます(笑)」