永山瑛太、中村七之助との“近すぎる”共演に「BLなんじゃないかっていうくらい…」

永山瑛太、中村七之助との“近すぎる”共演に「BLなんじゃないかっていうくらい…」
拡大する(全1枚)
永山瑛太中村七之助 撮影/高梨俊浩

 '16年に開催された『伊藤若冲展』は最大320分待ちを記録。平成に入ってから爆発的人気を獲得した奇想の絵師・伊藤若冲。江戸時代中期、京都の青物問屋の長男として生まれるも、絵師として身を立てるようになったのは40歳を過ぎてから。その人生には謎も多く、綿密な考証と大胆な仮説に基づき、初めてスペシャルドラマ化される。



 若冲を演じるは、中村七之助。W主演を務めるのは永山瑛太。若冲の才能を開花させた僧侶・大典顕常を演じる。



■最初はあまり
話さなかったけど

――初共演、お互いの印象は?



七之助「僕はあまりテレビのお仕事をさせていただく機会がないので、最初にお会いしたときは“うわ、瑛太だ”って感じで(笑)。映画が大好きなので、いつも“いい役者さんだな~”と思って見ていましたから」



瑛太「ちゃんとお会いしたのは撮影2日目。大典に出会った若冲がひと目惚れというか、衝撃を受けるシーン。普段なら自分から共演者の方とのコミュニケーションを図るんですが、なんか違ったドキドキ感が心の中に芽生えてしまいまして。男性の方に使っていい言葉なのかはわからないですけど、ついつい見惚れてしまうというか。すごくキレイなたたずまいで、妖艶。正直、緊張もありました。やっぱり小さいころからずっと歌舞伎界を担ってきた方ですから」



七之助「そのシーンで瑛太さんの目を見た瞬間、これは言葉では言い表せませんが、役者としてビビッときた。“あ、これは引っ張ってくれるな”と。もともと私、女方を演じてますから、立役さんに引っ張ってもらって能力が伸びる、みたいなスキルを持っているので(笑)。瞬間、“任せておけば大丈夫だな”と思い、実際にそうさせていただきました」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「瑛太」に関する記事

「瑛太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「瑛太」の記事

次に読みたい「瑛太」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク