《栃木発》所有する住宅に放火した美人産業医、キラキラ生活の裏にあった「四重苦」

《栃木発》所有する住宅に放火した美人産業医、キラキラ生活の裏にあった「四重苦」
拡大する(全1枚)
「小柄できれいな人」という評判もあった容疑者(フェイスブックより)

「引っ越してくるつもりで、せっかくリフォームしていたお宅だったのに、なぜ放火したのか……」(近所の住人)



■「ガソリンをまいて火をつけました」と供述

 そんな事件を起こしたのは、栃木県下野市の産業医・鈴木瑞穂容疑者(40)だった。



 1月3日の午前5時過ぎ、同県小山市の容疑者が所有する庭つき築10年ほどの木造2階建て住宅で火災が発生。



 119番通報のあと、2時間半で火は消し止められたが、屋根は崩れ、窓は割れ、外壁は剥がれ、生々しい焼け跡が残る住宅となってしまった。



「事件当日の3日、警察は家の所有者の容疑者とは連絡がとれず、翌4日に事情を聴くと“自分がガソリンをまいて火をつけました”と供述。



 非現住建造物等放火の疑いで逮捕されました。鈴木容疑者は手足にヤケドを負い、送検のときは車イス姿でしたね」(地元メディア記者)



 捜査関係者の話。



「取り調べには淡々と話していますが、反省や謝罪の言葉は語っていないようです。



 燃えたのが自分の家だけで、ケガ人も自分だけということもあるでしょうが。



 犯行の動機については、まだなんら供述しておらず、これからです」



■自ら起業して医大の学費を捻出

 逮捕後に40歳を迎えた鈴木容疑者の経歴は異色だ。東京出身で、高校を卒業後、東京農業大学の短大栄養学科から4年制のバイオサイエンス学科に編入。そのころから医師の道を志すが、


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク