前田敦子の恋愛遍歴からみる“離婚の要因”「熱しやすく、熱し続けるタイプ」
拡大する(全1枚)
ファーストアルバム発売イベントでの前田敦子('16年)

 昨年12月31日に太田プロダクションから独立したばかりの元AKB48・前田敦子(29)と、俳優・勝地涼(34)夫妻が離婚協議に入っていると報じられています。



 ふたりは2018年7月に約4か月の交際を経てスピード婚し、2019年3月には第一子が誕生していましたが、2020年6月には別居報道が出ていました。結婚からわずか2年半での離婚報道にファンは驚いていることでしょう。



 そこで今回は、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が前田の過去の恋愛遍歴を振り返りながら、今回の離婚に至った経緯を推察したいと思います。



佐藤健尾上松也……前田敦子の恋愛遍歴

 まず、これまで報じられてきた彼女の恋愛遍歴を振り返ってみましょう。



 2010年にイケメン俳優として当時人気だった山本裕典(33)との熱愛が『週刊文春』で報じられますが、当時は恋愛禁止のAKB48に在籍していたため破局。



 続いて2012年のAKB48卒業直後、またしても『週刊文春』に俳優・佐藤健(31)と深夜合コンを開き、泥酔していた前田は佐藤の前で号泣、最終的に彼にお姫様抱っこされてタクシーに乗せられたという衝撃的な写真とともに報じられていました。



 2013年には歌舞伎俳優・尾上松也(36)との熱愛報道が『日刊スポーツ』から流れ、2015年末ころまで交際していたようですが、破局。けれど翌年の2016年にはアパレル会社役員との交際が『女性セブン』で報じられました。