「コロナ後遺症」血管ボロボロ・倦怠感…無症状でも寝たきりに! 悪化の“分かれ道”
拡大する(全1枚)
※写真はイメージです

「これほど多くの後遺症が起こる感染症はこれまでありませんでした。新型コロナウイルス(以下コロナ)は、風邪やインフルエンザとはまったくの別ものの感染症と考えたほうがいい」



 そう話すのは『ヒラハタクリニック』の平畑光一院長(内科医)。同院では新型コロナウイルス後遺症外来を開設し、これまでに800人以上の後遺症に苦しむコロナ回復患者を診察してきた。



「発症時の症状の重さと後遺症は関係ありません。当院を受診する方の中には軽症や無症状の患者も多い。“だるさが続く”“味覚がおかしい”などと訴えて受診、検査をしてはじめて感染していたことが判明した人もいます」(前出の平畑院長、以下同)



 平畑院長によると、女性は男性よりも後遺症が現れるリスクが1・4倍高いという。



■50代女性の半数がひどいだるさに悩む

 では、具体的にどのような後遺症の症状があるのか。



 最も特徴的なのが前述したとおり“だるさ”“ひどい倦怠感”。



 これまでに同院を受診した808人中253人がこの“ひどい倦怠感”を訴えているという。



 年齢別に見ると10~30代で3割~5割、60代以上の女性になると5割以上がその症状に悩まされている。



「若者は“感染しても重症化しない”と甘く考えているかもしれませんが、後遺症は重くなる可能性があります。



 さらに、シニア層の場合、もともと持っている基礎疾患が影響していることも考えられます。無症状でも身体に力が入らず布団から起き上がれなくなり、寝たきり状態になっている人もいます」