田中みな実はアップ・竹内涼真はダウン、一寸先は闇!好感度逆転タレント

 渡部もこの際、名前を変えて出直したほうがいいのかも?



■代役や10年ぶりの漫才、
リベンジに燃えた人たち

 2月7日に終了したNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。不祥事で降板した沢尻エリカの代役に抜擢されたのは、時代劇初挑戦の川口春奈だった。



 だが、2013年に初主演した連ドラ『夫のカノジョ』(TBS系)が低視聴率で打ち切りになるなど、数字が取れないイメージもあり、荷が重く感じられたものだ。



 それがふたを開けてみると、大好評。織田信長の妻・帰蝶として黒幕的な役割も堂々と演じ、ネットでは「帰蝶P」とも呼ばれた。実はこの人、SNSで一般人の盗み撮りについて、



《みんなはどうかわからないけどわたしはそれは嫌なんだよな。すごくすごくすごくすごくね》



 と異議申し立てをするほど、強気な性格。そこが、ピタリとはまったのだろう。コロナ禍によるスケジュールのズレで、放送再開後は出番が減ったが、視聴者からは「待望論」が飛び出し、23日放送の総集編ではナレーターを務めることに。まさしく、女優としての下克上に成功したといえる。



 その川口も出演したドラマ『教場』シリーズ(フジテレビ系)で失地回復を果たしたのが木村拓哉。SMAPの解散では分裂状態を招いた戦犯のように見られ、好感度を下げたが、警察学校の謎めいた鬼教官という主人公をオーラたっぷりに演じ、さすがキムタクという評価を取り戻した。



 リベンジにはやはり、本業で結果を出すことが近道なのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

田中みな実のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田中みな実」に関する記事

「田中みな実」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田中みな実」の記事

次に読みたい「田中みな実」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク