《大阪・堺》あおり運転致傷事件、不気味すぎる“粘着男”が行っていた「恐怖の書き込み」

 夫が110番通報をしていたが通信指令室から、



「奥さんの声が大きいので、静かにしてもらえますか」



 と、なだめられる始末。さらに、スマホで録画されているのを承知で、不敵な笑いを浮かべながら、容疑者は丸刈り頭を堂々とさらし、自分の車のナンバーを撮れというように、指し示す仕草を……。



 こうした行為で結局、谷容疑者は道路交通法違反(妨害運転)と自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、2月8日に逃亡していた島根県で逮捕。容疑については、



「弁護士が来てから」



 と認否を保留している。



 そんな危険すぎる容疑者とは、どんな人物なのだろうか──。



■ふだんはおとなしいけど、
酒を飲むと怖い

 1年半前、堺市南区の新興住宅地の延床面積100平方メートルほど、約3000万円の新築一軒家に越してきて、犬2匹と暮らしていた容疑者。



 冒頭のように、近所でもうとまれる存在だった。



「幼い子ども連れのファミリーばかりの住宅地やのに、ひとり暮らしはあそこだけ。同じ年代の人が多いのに、近所付き合いもせんで、昼間から酒飲んでプラプラして、まるで独身貴族。軽自動車以外に普通車もあり、かなり金持ちと思っていた」(近所の住民)



 本人らしきフェイスブックでは、愛犬との散歩、禁酒やFX(外国為替証拠金取引)、和歌山でサーフィンをする様子が紹介されている。



 別の住民はこう証言する。



「コロナで仕事がなくなったと聞いています。FXでも失敗したとか。機嫌が悪いと、近所に“子どもの声がウルさい”とか“ゴミ出しはちゃんとしろ”とか文句を言っていたことも。ふだんはおとなしいけど、酒を飲むと怖い感じ」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク