TOKIO『DASH村』の今、震災から10年たっても続く地元とメンバーの交流

TOKIO『DASH村』の今、震災から10年たっても続く地元とメンバーの交流
拡大する(全1枚)
TOKIO

「TOKIOのみなさんがいて、柴犬の北登や八木橋一家(ヤギ)、それにアヒルの村長さん。……昨日のことのように覚えていますよ」



うっすらと涙を浮かべながら目を細めるのは三瓶孝子さん(84)。



《自分たちの村を作って地図に名前を残そう》



そんな目的で2000年からスタートした『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の人気企画、『DASH村』。農業初心者のTOKIOメンバーが地域の人々から農業の教えを請い、昔ながらの方法で田畑を耕し、野菜を作り、家まで造った。農作業に精を出す姿と日本の原風景のような村の様子に多くの視聴者が親しみを覚えた。



だが、村の時間は“あの日”のまま止まっている─。



■TOKIOは息子たちみたいだった

2011年3月11日、東日本大震災。震災はDASH村がある福島県浪江町津島地区も襲った。



当時、TOKIOメンバーは月1回程度のペースで村に通っており、震災当日もロケの最中だった。



メンバーにもスタッフにも被害はなかった。だが、混乱を極め、帰京は困難と判断。農業指導をしていた三瓶明雄さん(故人)が中心となり、布団を集めた。そしてTOKIOとともに不安な一夜を過ごしたという。



孝子さんは自宅で被災した。幸いなことに家族は全員無事だった。



翌12日、午後3時。福島第一原子力発電所が水素爆発。放射能は津島地区にも降り注いだ。しかし、国からも県からも放射能が拡散しているという連絡はなかった。そのため、住民らは無用な被ばくを受けることとなったのだ。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「TOKIO『DASH村』の今、震災から10年たっても続く地元とメンバーの交流」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    津波が来ても、電源喪失がなければ、メルトダウンはなったと思います。津波対策の意見を無視した東電の責任は超超超大だ。

    2
  • あっ!察し、、、 通報

    でも、あの人は急性白血病で、、、

    1
  • 菅無能政権 通報

    放射能が怖いから逃げた。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「TOKIO」に関する記事

「TOKIO」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「TOKIO」の記事

次に読みたい「TOKIO」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。