冨士眞奈美の有名人交遊録、仲よしの美輪明宏が「“男性”になる瞬間を目撃」

冨士眞奈美の有名人交遊録、仲よしの美輪明宏が「“男性”になる瞬間を目撃」
拡大する(全1枚)
美輪明宏

 女優・冨士眞奈美が古今東西の気になる存在について語る当企画。第2回は、女優として数々のハンサム、色男、イケメンを見てきた冨士さんが語る「印象的な男性」について。



第2回 風流とハンサム

 春が待ち遠しい季節になりましたね。今年は例年より三寒四温を感じるのが早く、3月だというのに暖かい日が多い。私は、俳句を始めてもう半世紀近くがたつのだけれど、俳句の素晴らしさのひとつに、季節に対して敏感に、愛着を持って接することができるということが挙げられると思う。



 俳句がご縁のひとりに、徳島にお住まいの船越淑子先生という方がいる。「青海波」という同人誌の主宰をされている俳人なのですが、しいたけやサツマイモ、すだち……季節の旬のものをいろいろと送ってきてくださる。これがとても心地よくてうれしくて。すだちはまだ出始めのころに、すだちの花と一緒に送られてきて、熟れるころにはまた別のすだちが届く。



 届いたものを見て季節の到来を感じることができるのは、俳句をしているからこそわかる喜び。俳句仲間は、情が深くてうれしい。そして、とても風流なの。



■男性にも美人薄命的なものがある

 春の長雨というくらい、春は雨の日が多い季節。「春雨じゃ濡れて行こう」なんてセリフがありますが、色男に雨は似合う。編集担当のYさんから、「今までどんなハンサムに会いましたか?」と聞かれて、そんなことをふと思ってしまった。



 まだ私がNHK専属で新人の女優として駆け出しのころ「ああ、この人はハンサムだな」って見惚れてしまったのが、森美樹さんという俳優だった。松竹京都にいた方で、背がしゅっとしていてね。どことなく品が漂う素敵な方だった。こんなにハンサムな人がいるんだなって驚いたくらい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

美輪明宏のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「美輪明宏」に関する記事

「美輪明宏」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「美輪明宏」の記事

次に読みたい「美輪明宏」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク