『嫌いなタレント議員』に有権者から怒りの声「落ち目芸能人の再生工場じゃない!」

『嫌いなタレント議員』に有権者から怒りの声「落ち目芸能人の再生工場じゃない!」
拡大する(全1枚)
(写真左から)蓮舫議員、三原じゅん子議員、今井絵理子議員、東国原英夫元宮崎県知事

《比例で押し込まれるなんて裏口入学と一緒!》



《国会議員は売れなくなったタレントの再就職先ではない!》



 元タレントの森下千里(39)が次期衆院選で宮城5区自民党枠からの出馬を目指していることが発表された。これに対してネット上では冒頭のような非難の声が。



■タレント議員がありがたがられていたのは昔の話

 10月21日に衆議院議員の任期が満了となり、今年は必ず衆議院選挙が行われる政治決戦の年。



「東京五輪後と予想されていて、この春から各党は候補者の調整に入っています。



 そもそも名古屋市出身の彼女がなぜ宮城県石巻市の選挙区なのか。



 タレント候補が歓迎される時代はとうに終わったのに、国会議員のおじさんたちはいまだに女性タレントに鼻の下を伸ばしているっていうわけです。そういういやらしい思惑が透けて見えるからなおさら嫌われるんだと思います」



 と、全国紙政治部記者が解説する。



 タレント議員がありがたがられていたのははるか昔の話。'19年に行われた参議院選挙で出馬したタレント候補は元F1ドライバーの山本左近、元モーニング娘。の市井紗耶香、アカペラグループ『RAG FAIR』の奥村まさよし、漫才師のおしどりマコなど名前を聞いてもイマイチ、ピンとこない微妙なタレントは軒並み落選。立憲民主党から比例代表で出馬した須藤元気がかろうじて当選という苦い結果に。タレント議員が歓迎されないことにそろそろ気づいてほしいものだが……。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原じゅん子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原じゅん子」に関する記事

「三原じゅん子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原じゅん子」の記事

次に読みたい「三原じゅん子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク