狩野英孝、手越祐也と「ゲーム実況でコラボ」の前に立ちはだかる“事務所のハードル”

狩野英孝、手越祐也と「ゲーム実況でコラボ」の前に立ちはだかる“事務所のハードル”
拡大する(全1枚)
狩野英孝

 天然なキャラクターで多くのバラエティー番組に引っぱりだこの狩野英孝。最近は、新たな分野で評価されている。



「'19年末からユーチューブで公式チャンネル『狩野英孝 EIKO! GO!!』を開設し、ユーチューバーとして活動しています。チャンネル登録者数は70万人を超え、注目を集めています」(ゲーム雑誌編集者)



 テレビでは、たびたび予想外のハプニングを起こすなど、お笑いの神様に愛されている狩野だが、ゲーム実況も同様で─。



「“コントローラーが誤作動して、キャラクターが勝手な行動をとる”“ゲームオーバーになるたびに生配の回線が切れる”など、彼らしさ全開です(笑)」(同・ゲーム雑誌編集者)



■“テゴカノ”コンビ結成の高いハードル

“ラーメン、つけ麺、僕イケメン”のフレーズでおなじみの狩野には最近、気になる“チャラメン”がいる。



手越祐也さんです。彼も大のゲーム好きで、ユーチューバーとして活動しています。2人とも、昨年ゲーム配信ライブを行う動画配信チャンネル『OPENREC.tv』で公式チャンネルを開設しました。同じゲーマーとして気になるのか、狩野さんはよく手越さんのゲーム動画をチェックしていますよ」(芸能プロ関係者)



 同じユーチューバーとして活躍する2人だが、同じ動画にそろうことはなかった。だが、最近は少し距離を縮めている。



「都内にゲーム動画を撮影するスタジオがあるのですが、そこでバッタリ顔を合わせて意気投合したんです。このスタジオには同じくゲーム実況動画を配信している後藤真希さんも来ていて、3人で話すこともあるそうですよ」(同・芸能プロ関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

狩野英孝のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「狩野英孝」に関する記事

「狩野英孝」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「狩野英孝」の記事

次に読みたい「狩野英孝」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク