唐田えりか、休刊の『日本カメラ』連載最終回で綴った強烈な「匂わせポエム」

唐田えりか、休刊の『日本カメラ』連載最終回で綴った強烈な「匂わせポエム」
拡大する(全1枚)
唐田えりか

「相手を大事にすることも大切だけど、まず自分を大事にしないときっと相手を大事にできませんから」(『好書好日』'18年8月配信)



 2018年に公開された映画『寝ても覚めても』のインタビューでこう語っていた唐田えりか(23)。そんな彼女が、あの騒動以来、唯一、公の仕事としてやってきた雑誌の連載が、休刊に伴い終了した。



■復帰作の最後でも貫き通す唐田えりか

 あの騒動とはご存知のとおり、2020年1月、冒頭の映画で共演した東出昌大との不倫。それ以来、思うように芸能活動ができなかった彼女にオファーをかけ、それを受けたのが月刊誌であるカメラ雑誌『日本カメラ』でのポエム連載だ。



「1月の不倫報道では、唐田のインスタグラムに東出を連想させる投稿や、彼の写真が複数あったことがツイッターなどのSNSで拡散され、“匂わせ不倫”と言われていました。その後、芸能活動を自粛することになってからは所属事務所で事務仕事をしていたようですが、復帰に選んだのがまさかの“趣味のカメラ”というジャンルだったことは驚きでした」(芸能関係者)



 そんな唐田の復帰作となた、1発目のポエムではこんなフレーズがあった。



《いつぶりかに現像した写真を見て、「ああ、なんかすごく自分」と思った。残酷なほどに。見ながら、見られていた。見られながら、見た。》('20年12月19日発売『日本カメラ1月号』)



 東出と共演した前出映画での一コマで、二人が出会うきっかけとなった写真展のひとつが『みるもの、みられるもの』というタイトルだったため、似通ったフレーズに《また匂わせ?》《懲りてない》などとSNS界隈ではささやかれてしまうことに。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東出昌大のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「東出昌大」に関する記事

「東出昌大」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東出昌大」の記事

次に読みたい「東出昌大」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク