松坂桃李が「俳優・松坂桃李」をプレゼン、事務所の教えと“好感度”を語る

松坂桃李が「俳優・松坂桃李」をプレゼン、事務所の教えと“好感度”を語る
拡大する(全1枚)
松坂桃李 撮影/廣瀬靖士

「実はこのドラマ、撮影に入る前に危機的な状況になりまして」



 主演する土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』のタイトルにちなみ、最近あった“危機”を聞くと、こう話し始めた松坂桃李。



「もともとは、去年の10月に放送が始まる予定だったんです。それが、新型コロナウイルスの影響で、一度は放送自体がなくなるかもしれないということにまでなって。ただ、4月24日からの放送が決まり、撮影がはじまってからは本当に滞りもなく、さすがNHKさんだなと思いました。夜8時までに撮影も終わりますし、ドラマで扱っているようなブラックな部分はまったくありませんでしたね(笑)」



 危機を乗り越え、放送へとこぎつけた今作で松坂が演じるのは、好感度だけで生きてきた元イケメンアナウンサーで、大学の広報マンに転身した神崎真。



「作品に入るまで、大学に“広報マン”という方がいることすら認識していませんでした。大学側と世間との意見の板挟みになる中で、自分としてはどう行動するか考える大変な職種。僕が演じた真は、これまで目の前にある難しい問題や大変なできごとから逃げ続けながら、好感度という鎧だけで頑張ってきた人物。それが、壁にぶち当たって、鎧が簡単にはがれたときの情けなさみたいなものはしっかり出そうと思いました」



■うまく立ち回るのはなかなか難しい……

 ドラマのように、松坂自身が板挟みになることはあるのだろうか?


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松坂桃李のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松坂桃李」に関する記事

「松坂桃李」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松坂桃李」の記事

次に読みたい「松坂桃李」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク