貴乃花が吸引する“水素ガス”に医師が警鐘「間違ってもコロナ予防と謳わないで」

 今はコロナでなかなか外食もできない状況になっていますが、お弁当を届けたり、毎週必ず会いに行ったりと“母孝行”していると言っていました」



 貴乃花の現在の“仕事”についてはどうか。



「報道でもありましたが、靴職人である息子の優一さんが仕事のトラブルで作った借金を、立て替えているといいます。今は相撲の仕事はありませんから、それ以外の仕事をするしかない。本意ではないと思いますよ」



■相撲とは無関係の広告塔に

 相撲道を今、歩んでいるのは皮肉にも兄のほうとなった。弟は冒頭のように“貴乃花”の名前を使い、相撲と関係のない商品の広告塔となっている。こちらの耳慣れない水素吸引器の効果はいかに……。



「水素ガスの吸引については、放射線治療となった際、副作用を軽減させるなど、効果はさまざま証明されています」



 そう話すのは、新潟大学名誉教授で、医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生だ。



「まだ正式な論文にはなっていませんが、新型コロナウイルスに感染、重症化し、ダメージを受けた肺に対して効果があると考える人もいます。しかし、まだ証明するに至っておらず、学術データとしてはありませんが、私は案外、有効ではないかと思っています」(岡田先生、以下同)



 効果についてはさまざまに言われる水素だが、吸引については“効く”ということ?



「ここまではあくまで“医療”として行われている水素ガス吸入療法の話です。さまざまな民間療法に共通したことですが、医療として行われていることと、民間療法で行われることはまったく違うものです」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク