『トイレの神様』で人生逆転の植村花菜、「日本語で歌いたい」海外挑戦を続けるワケ

『トイレの神様』で人生逆転の植村花菜、「日本語で歌いたい」海外挑戦を続けるワケ
拡大する(全1枚)
植村花菜。5月中旬には、デビュー15周年を記念した7曲収録のミニアルバム『それでいい』がリリースされる

「デビュー5年目になっても全然売れなかったので、契約が切れてしまうのではないかという雰囲気があり、“メジャー最後のアルバムかもしれない”と思っていました」



 2010年リリースのミニアルバム『わたしのかけらたち』の中の1曲『トイレの神様』が大ヒットした植村花菜。路上ライブからスタートし、2005年にメジャーデビューするも鳴かず飛ばず……。まさに“土俵際”だった。



「たとえ契約が切れても、アルバイトをしながら音楽は続けるつもりだったんですが、(『わたしのかけらたち』は)最後の1枚として“自分にしか作れない作品”を作ろうと考えました。それが何かを考える中で、祖母と過ごした日々が今の自分に大きく影響していることに改めて気づいたので、それを曲にしたいなと。



 でも、最初はこの曲をアルバムに入れるのも迷っていたんです。お金を払ってもらって聴いてもらうアルバムに、こんなに私的な曲を入れていいのかと」



■宣伝しなくていいです

 懸念はそれだけではない。通常なら1曲の長さは4~5分のところ、『トイレの神様』は2倍の約10分。そのため、予想していなかった問題も起きてしまった。



「レコード会社の方には“これでは長すぎて宣伝できないから縮めてください”と言われました。でも、そもそも祖母との12年間の思い出を厳選して10分にしているので、これ以上は縮められず“この曲には10分という長さの意味があるから、縮めないと宣伝できないのであれば宣伝しなくていいです。この長さの意味がわかってくれる人にだけ届けばいいです”と、強気な発言をしてしまったのがスタートでした」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

植村花菜のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「植村花菜」に関する記事

「植村花菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「植村花菜」の記事

次に読みたい「植村花菜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク