伊野尾慧、コロナ回復後にまた発熱! スタッフに走った緊張とドラマ撮影の行方
拡大する(全1枚)
ドラマのロケに臨む伊野尾慧(左)と神宮寺勇太

 5月上旬、東京・品川区のカフェを貸し切ってロケに挑んでいたのは、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧だ。



「初主演を務めるドラマの撮影だと聞いています。放送されるのはもう少し先のようですね」(テレビ誌編集者)



 キュートな印象の伊野尾だが、この日はビシッと決まったネイビーのスーツを身にまとい、凛々しい表情で撮影に挑んでいた。



「緊急事態宣言中だったこともあり、周囲の店は閉まっているところが多かったからね。気づいている人はほとんどいなかったよ。感染対策なのか、待機中はフェイスシールド。休憩時間になると、弁当を片手に送迎車に戻っていましたね」(目撃した住民)



 5月中旬に埼玉県内の廃校で行われたロケには、メガネ姿のKing & Prince(以下、キンプリ)神宮寺勇太の姿もあった。



■クランクインが延期になりそうになって

「最初は建物の中で撮影していたんだけど、夕方になって校門前に2人が現れたこともあり、次第にやじ馬が集まってきちゃって。神宮寺くんは沿道から声援を送るファンに対して会釈するなど、撮影の合間にファンサービスもしていましたよ」(近隣住民)



 今をときめく2人が共演するとあり、放送が始まればきっと話題になるはずだ。しかし、人気者がゆえに苦労は絶えないようで……。



「キンプリは5月19日に新曲のリリースが控えているうえ、『24時間テレビ』のパーソナリティーに就任したこともあり、超多忙。そのため直前にならないと撮影スケジュールが出ないんです。伊野尾さんが所属するHey! Say! JUMPも新曲を発売したばかり。フジ系の『めざましテレビ』にも生出演しているので、2人がそろう時間がなかなか取れないんですよ」(ドラマ制作スタッフ)