青木さやか、パニック症を克服した今だからわかる「自分をずっと苦しめていたもの」

 やっと手放せたのは、1年くらい前です。ある日、飲むのを忘れて、次の日も飲むのを忘れて、次の日も……みたいなことの積み重ねで1年経っているって感じです。それまで、8~9年間くらいは飲んでいたと思います。



――パニック症を隠すタレントさんも多いですが、公表したのはなぜですか?



青木:エッセイで書こうと思ったのがきっかけです。もう薬を飲んでいなくて、病気が過去のものになったので、すごく冷静に、客観的に書けるようになったからだと思います。決して「パニック症の人を励まそう」とかいう気はなくて。私は私のことしかわからないので、ただ自分のことを書いたっていうだけです。自分にとっては、隠すことではないかなと思えました。



■偏見や固定観念に苦しめられていた

――パニック症になってよかったと思えることはありますか?



青木:私は、自分の人生に起きることはすべて、何かしらの原因があったうえでの結果だと思っているんですよ。だから「原因はなんだろう、考え方を改めよう」という、ひとつの大きな変化につながっているので、よかったといえばよかったことです。



――病気を経験する前と後で、どう考え方が変わったんですか?



青木:パニック症に対する偏見や固定観念がなくなりましたね。最初は心療内科に通っていることを人に知られたくなくて、マスクをして行っていましたし、パニック症だと知られれば、仕事で使いづらいとか、しゃべりづらいとか、笑いにつながりづらいとか、思われるんじゃないかと思っていました。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク