青木さやか、パニック症を克服した今だからわかる「自分をずっと苦しめていたもの」

 でも実際には、心療内科に通う人も至って普通の人たちだし、自分の偏見に自分自身が苦しめられていたことに気づいたんです。今では「(パニック症で)薬を飲んでいるんですか」って聞かれたら、血液型を聞かれたときに「O型です」って答えるのと同じくらい(の感覚で)、「飲んでいます」って答えられます。



――自分のなかにある偏見や固定観念に苦しめられていたんですね。



青木:私は、過去に植えつけられた記憶のなかで、偏見や固定観念を持って生きてきました。親や友達、先輩などから言われた言葉が頭の中に残っていて、これを言ってはいけないとか、こう生きていかなきゃいけないとか、こういうときはこうだ、みたいな。そういったものがなければ、きっとストレスはなかったと思います。とは言っても、社会に物申すより、自分が変わったほうが早いのだと、恩師に教えてもらいました。まずは自分の偏見をなくして、自分が変わらないといけないと感じています。



――具体的には、どんなことに気をつけていますか?



青木:仕事では、ネガティブなことを思うと倒れそうになっていたけれど、楽しければきっと倒れない。だから、常に楽しい状況を作るために、人を嫌わない、嫌われないことを意識しています。人を嫌わないっていうのは、自分と考え方が違う人がいても否定しないこと。誰も何も否定しなければ、自分も否定されないんじゃないかと思って実践しています。できるだけ自分が仕事をしやすい、生きやすい環境を作るには、人との関わり方や生き方を変えるのが大事だと思います。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク