ゴリエにピコ太郎、“時代遅れ” キャラクターが “今” CMに起用される理由

ゴリエにピコ太郎、“時代遅れ” キャラクターが “今” CMに起用される理由
拡大する(全1枚)
『くらしのマーケット』CMより

《最近のCM見てるとピコ太郎にゴリエって今本当に令和だったか不安になる》



《テレビ観てたら「ゴリエのエアコンクリーニングのCM」「ピコ太郎の袋ラーメンのCM」と連続して流れました。急にタイムスリップした感覚》



《ゴリエといい、ピコ太郎といい、懐かしくて盛り上がっちゃうよね》



 ここ最近、散見されるこのようなツイート。いったい何を指しているのかというと……。



「エアコンクリーニングや引っ越しなどのサービスを提供する『くらしのマーケット』は、ガレッジセールのゴリさんが演じる『松浦ゴリエ』を、日清食品の『ラ王』は『ピコ太郎』さんをCMで起用。どちらのキャラクターも、脚光を浴び人気が爆発したのは数年前で“今”ではないキャラクターですが、逆にそのことがSNSを中心に話題になっています。時代と“ズレ”のあるCM起用が増えている印象ですね」(広告代理店関係者)



 ゴリのキャラクター『ゴリエ』は、ガレッジセールが出演していたバラエティー番組『ワンナイR&R』(フジテレビ系)で生まれたキャラクター。『ワンナイ』の最終回は'06年なので15年以上前の人気キャラといえる。



 また、ピコ太郎が『PPAP』で世界的にバズったのは'16年だ。なぜ時代遅れとも言える“ズレ”のあるキャラクターをCMで起用するのか。それぞれの企業に起用の理由を聞いた。



■ガレッジセールも起用に驚き

 まずは、ゴリエを起用した『くらしのマーケット』。メイキング映像によると、当事者であるガレッジセールの2人ですら、「ドッキリかと思った」と話している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ガレッジセール」に関する記事

「ガレッジセール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガレッジセール」の記事

次に読みたい「ガレッジセール」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク