《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆にいちばん静かな海だとしても」

《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆にいちばん静かな海だとしても」
拡大する(全1枚)

 五輪会場は東京から約100キロ、房総半島の太平洋側に位置する千葉県一宮町の釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ。会場に向かう沿道には「TOKYO 2020」などと記したカラフルな幟(のぼり)がはためき、通りがかりの女性はその様子をスマホで撮影していた。



「雰囲気だけでも、と思って」



 と笑った。



《五輪直前ルポ》千葉県一宮町の無観客サーフィン「この夏、逆に...の画像はこちら >>
サーフィン会場の「釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ」正面口付近には複数の警備員が

 新型コロナウイルス感染者増による東京都の緊急事態宣言を受け、1都3県(千葉、神奈川、埼玉)は無観客開催を決定。2016年の開催地決定から準備してきた同町の住民であっても、生観戦できなくなった。浜から離れた会場出入り口に警備員が立ち、それ以上は近づけない。



 規制外の隣の海岸から会場をながめても、会場内の施設にさえぎられて様子はうかがえない。そもそも遠すぎて人の姿が確認できても米粒以下の小ささだから“観戦の抜け穴”は皆無といっていい。



 それでも諦めきれず、



「どこかのスポットから少しでも競技を見られないものか」



 と町役場に尋ねた住民もいる。



 気持ちはわかるがそんな場所は見当たらず、無観客の意図も踏まえるとテレビ中継を観戦するしかないだろう。



 コロナさえなければにぎやかな競技になるはずだった。



 会場の収容人数は1日6000人。サーフィンは自然の海を相手とするため、いい波が立たないと競技が成立しない。そのため予備日が設けられており、競技ができなくても来場者が楽しめるように「サーフィンフェスティバル」を連日実施予定だった。飲食スペースを設け、音楽ライブを満喫してもらったり、サーフィン体験などで競技の魅力を伝えるはずが、無観客で中止になった。


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク