瀬戸大也の妻・馬淵優佳、不倫夫を健気に支えるもバッシング「出る杭は打たれる」

「佐々木もネット上やSNSでは、“早く離婚した方がいい”“あの不倫は一生ついて回るから、別れて別の人生を歩んでほしい”など書かれていますが、彼女は当初から離婚はしないで、夫の信頼回復のためにサポートすると言っていました。馬淵さんと同じです。どちらも、子どもがまだ小さいという理由もあるかもしれませんが、再生の道を選択したということなのでしょう」(同前)



 一方、夫の不倫に一発アウトで離婚に至ったのが小川彩佳アナ、丸岡いずみアナだ。杏は妊娠中の不倫、小川は結婚前からの愛人関係、丸岡は代理出産までして授かった子どもがいるにもかかわらずの浮気だった。



「遊びなら許すけど本気は許さない、などといいますが、夫婦のことは夫婦にしかわかりません。また、夫も妻も有名人であれば、さまざまな柵もありますから離婚したくてもできないということもあるでしょう。



 ただ瀬戸の場合はアスリートですから、メンタルのケアは人一倍重要になります。馬淵さんは、同じアスリートとして五輪経験者としてその点をよく理解しているので、東京五輪のために彼を許しサポートし再生の道を選んだのだと思います」(テレビ局関係者)



 だが、当の瀬戸は競技終了後も妻子の待つ自宅には帰っていないのだという。



 『女性セブン』(8月19・26日号)によると、競技に集中するために瀬戸は別居していたが、その後も自宅には帰っていないという。



 馬淵は2日に出演した『スッキリ』(日本テレビ系)で、「帰ってきたら普通の生活をしてお休みをしてから3年後のパリを目指すみたいなので頑張ってもらいたいと思います」と今後に向けてコメントしていた。



 果たして3年後のパリ五輪の時、瀬戸と馬淵はどのポジションに立っているのだろう。



編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク