篠原涼子、韓国アイドル・グァンスがいなくても“冷めていた”市村正親の「ダジャレ」

篠原涼子、韓国アイドル・グァンスがいなくても“冷めていた”市村正親の「ダジャレ」
拡大する(全1枚)
市村正親と離婚した篠原涼子

 世の中が東京五輪で盛り上がり始めた7月24日、あの夫婦が離婚した。市村正親と篠原涼子だ。



 ふたりはそれぞれ「夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました」(市村)、「未熟な私を常に導いて気遣ってくれる大切な存在です」(篠原)などとコメント。前向きで円満な選択であることを強調している。



■篠原と市村、馴れ初めから離婚まで

 その後、篠原と韓国人アイドル・グァンスとの交際が報じられた際も、市村は『週刊文春』の直撃に対し、



《1回しかない女優人生をしっかり生きてほしいから、そういうこと(離婚)にしてあげたんだよ》



 と、コメント。一方、息子たちの親権は彼が持つこととなった。お互い、ウインウインというか、この離婚はあくまでふたりが役者として人間としてより輝くためのステップだという論法だ。



 しかし、この論法、ちょっときれいすぎはしないか。とにかく「役者同士」なのを利用して、男と女のドロドロ感をカムフラージュしている感もなくはない。そもそも、このふたり、最初からそういうところがあった。



 ふたりは2001年、舞台『ハムレット』での共演で知り合い、4年後に結婚。ただし、篠原の父は当初、猛反対していた。市村が25歳も年上で、出会った当時は妻帯者でもあったからだ。



 彼は1984年に同じ劇団の舞台女優と結婚。'03年に離婚した。昨年4月、篠原が『1周回って知らない話 春の2時間SP』(日本テレビ系)の出演時、ふたりのなれそめが語られたが、そのあたりはスルー。1周回ってもよく知られた話だからだろうか。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

篠原涼子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「篠原涼子」に関する記事

「篠原涼子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「篠原涼子」の記事

次に読みたい「篠原涼子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク