高島礼子が明かす、57歳になっても揺るぎない「女優の誇り」と「美貌の秘訣」

知識がないことは怖いことだと痛感したと振り返る。



「コロナ禍の今、どこかリンクする部分もあると思います。ただ、作品としては説教くさくもないし、不思議と暗くもなくて。最後に泣けるというよりは、さわやかな気持ちになっていただけるはずだと思います」



■美貌を保つ秘訣は「とにかく寝る!」

 高校卒業後はOLとして働きながらJAFのA級ライセンスを取得。アマチュアレーサーとしての活動費を稼ぐためにレースクイーンも。その美貌からCM出演を果たし、25歳で女優デビュー。サバサバとしたカッコいい大人の女性から、凄みのある極道の妻まで、出演作が途切れることはない。



 もともと女優志望ではなかったが、積み上げたキャリアは33年に。



「本当ですね。天職? 正直言えば、私、この仕事しかできないんですよ(笑)。若いときは“女優で売れなかったら別の何かができる”っていう意識もあって。



 でももう、ここまで女優というお仕事をさせていただいて。すっかりハマってしまったのと同時に、“今、この仕事を私から取ったら何が残るのか”というと、なーんにも残らないんですよ(笑)」



 少しおどけながらも、女優としての信念と誇りを語る。現在57歳。その美しさとスタイルはうらやましい限りだが、



 韓国ドラマ『百年の花嫁』('14年)の撮影では、過密スケジュールすぎて3日間寝ることができなかったという。



「鏡で顔を見たら“なんだこれは――!”っていう(笑)。“化粧品のCM、降ろされちゃう”って思いましたね(笑)。それまでは、寝なくても気合で生きてこられたんですが、睡眠がいかに大切かを知りました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

高島礼子のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高島礼子」に関する記事

「高島礼子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高島礼子」の記事

次に読みたい「高島礼子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク