ドラマ『TOKYO MER』に現役救急医がズバリ指摘!ツッコミどころ&あるあるシーン

ドラマ『TOKYO MER』に現役救急医がズバリ指摘!ツッコミどころ&あるあるシーン
拡大する(全1枚)
『TOKYO MER』に出演中の左から賀来賢人、鈴木亮平、中条あやみ

 平均視聴率は常に2ケタをキープし、今クールの人気NO.1ドラマとなった日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)。



 都知事が新設した救命救急のプロフェッショナルチームが、重大事故や災害の現場に駆けつけ、人々の命を救うというストーリーだ。



■医師から見たMERの“すごいところ”

「鈴木亮平さんが演じるチームリーダーの医師と、賀来賢人さんが演じる厚労省の官僚でもある医師を中心に、研修医役の中条あやみさん、さらに看護師と麻酔科医、臨床工学技士というチームです。



“死者を1人も出さない”という使命の下、危険な現場に挑んできました。事故や災害の現場は、大迫力で描かれており、緊張感が伝わってきます」(テレビ誌ライター)



 毎話、鈴木の“スーパー医師っぷり”に感嘆してしまうが、現役の救急医に聞いてみるとツッコミどころもあるみたい。



 まず、このドラマの大前提でもある“死者を1人も出さない”ということ。第1話の冒頭で、都知事がこの使命をチームに課した際、メンバーも驚きの表情を見せていたけど……。



 福岡徳洲会病院救急科の医師・川原加苗さんは、



「医師としては、そういう気持ちはもちろん持っていますが、言葉にすると後から疑問や反感を買いやすくなるので、言い切ることはできません」



 と、話す。一方、医学博士であり、救急専門医の宮田和明さんは、ドクターカーとは違う、手術室や最新の医療機器が搭載された車“MER”で現場に向かうというチームだからこそ、この使命はありえるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

賀来賢人のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「賀来賢人」に関する記事

「賀来賢人」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「賀来賢人」の記事

次に読みたい「賀来賢人」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク