宮迫博之はYouTuberを選択、やることすべてが裏目にでる“運のなさ”と厄介な“自己評価”

宮迫博之はYouTuberを選択、やることすべてが裏目にでる“運のなさ”と厄介な“自己評価”
拡大する(全1枚)
直撃取材を受ける宮迫博之('21年1月)

 雨上がり決死隊が解散した。



■吉本に戻れなかった宮迫博之

 8月17日、ABEMAと吉本興業の公式YouTubeチャンネルで『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』が配信され、宮迫博之・蛍原徹のふたりが発表。一昨年の闇営業騒動で吉本と対立し、クビになった宮迫が解散の主因であることはいうまでもない。



 その騒動の約半年後、YouTuberとして出直した宮迫。当初から「地上波に戻りたい」とテレビへの未練を語っていた。せめて、コンビ解散という重大発表くらい、地上波でやりたかっただろう。



 しかも『アメトーーク』(テレビ朝日系)は雨上がりの冠番組。にもかかわらず、解散発表はネット配信のみで行われた。吉本がいかに、宮迫をテレビに出したくないかがうかがえるような展開だ。



 実際、大崎洋会長も「頑張るか頑張らないかは、本人が決めることだから。僕はもう別に関係ないし」と絶縁ともとれる発言をした。



 それにしても、宮迫はなぜここまで追い込まれたのか。そもそも、彼の芸人としての旬は20年近く前。雨上がり、DonDokoDonガレッジセールが共演した『ワンナイR&R』(フジテレビ系)が人気を博し、山口智充(DonDokoDon)と組んだデュオ・くずの『ムーンライト』もヒットした。



 しかし、この番組では初スキャンダルも発生。2003年に山口とやったコントの「王シュレット(ウォシュレットのもじり)」が当時のダイエー・王貞治監督を揶揄したとして批判された。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮迫博之のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮迫博之」に関する記事

「宮迫博之」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮迫博之」の記事

次に読みたい「宮迫博之」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク