松坂桃李&古田新太、“恐怖の関係”から「次はクマ&お父さんで伊豆へ(笑)」

松坂桃李&古田新太、“恐怖の関係”から「次はクマ&お父さんで伊豆へ(笑)」
拡大する(全1枚)
松坂桃李(左)と古田新太(右)撮影/高梨俊浩

 映画『空白』で、古田新太は万引き未遂がきっかけで娘を失い、モンスターのように暴走する漁師の添田充役に。松坂桃李は添田の娘の万引き未遂を目撃し、追いかけたことで車にひかれる原因をつくったスーパーの店長の青柳直人を熱演。



 物語は“娘が万引きなどするはずがない!”と迫り来る狂気の添田が、青柳が土下座して泣いても決して許さず、その怒りの矛先は家族や周囲の人々にも向かい人生を握りつぶしていくヒューマンサスペンス。実写映画は初共演という2人に、撮影秘話から近況までたっぷりと聞いた。



■なじみ方が尋常じゃない

――古田さんと松坂さんの共演は声優を務めた『パディントン2』('18年)以来です。



古田 録音は一緒じゃなかったんですけど、あのときは、桃李がパディントンでオイラがブラウン家のお父さんの役。すごく愉快な作品だったけど、今回はもう追い込んで追い込まれてで。



松坂 パディントンから比べたらもうギャップでしかないですよ。あれだけ受け入れてくれたお父さんが、全然受け入れてくれないんですから。



古田 アハハ。



――今回、実写で初共演されて、お互いの印象についてはいかがでしたか。



松坂 僕はみなさんより少し遅れて撮影に入ったんです。蒲郡で撮影したんですが、現場に入ったら、古田さんの漁師姿が違和感がなさすぎてびっくり。ここにずっと住んでいたのかなというくらい(笑)。



古田 映画を撮るときは、3件くらい居酒屋さんをローテーションで回り、そこの常連さんと仲よくなって地元の空気感を感じるというのがいつものパターンかな。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松坂桃李のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松坂桃李」に関する記事

「松坂桃李」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松坂桃李」の記事

次に読みたい「松坂桃李」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク