『ザ・ベストテン』山口百恵不在で大議論!『夜ヒット』に『HEY!×3』人気番組の裏側

『ザ・ベストテン』山口百恵不在で大議論!『夜ヒット』に『HEY!×3』人気番組の裏側
拡大する(全1枚)
(左から)SMAP松田聖子

 テレビが今より元気だったころ、みんなの話題の中心だったのが音楽番組です。生放送中は何が起こるか、見ているほうもワクワク、ドキドキだったもの。そんな当時の舞台裏エピソードと、面白かった理由を、当時の関係者たちの声から探りました!



『ザ・ベストテン』41.9%、『夜のヒットスタジオデラックス・スペシャル』36.0%、『ザ・トップテン』28.8%──。(ビデオリサーチ調べ)



 目を疑うような最高視聴率の数々。かつて音楽番組は、「見ない日がない」というほど数多く放送され、お茶の間の視線を釘づけにしていた。



 あの時代、音楽番組はなぜこれほどまでに人気があったのか? テレビに勢いがあった時代だとしても、それだけで41・9%という驚愕の数字をたたき出すことはできないはず。



■音楽だけじゃない番組構成

「『ザ・ベストテン』は音楽番組でありながら、情報番組でもありました。時代性やニュース性を織り交ぜながら、どうしてその曲が流行っているのか─そういったことを加味しながら、スタッフも番組を作っていた」



 そう話すのは、黒柳徹子さんとともに、1986年10月から約2年半にわたり司会を務めた元TBSアナウンサー松下賢次さん。



『ザ・ベストテン』は、レコード売り上げ、有線放送リクエスト、ラジオ放送のリクエストチャート、番組に寄せられたはがきのリクエストの合計ポイントによって、毎週独自のトップ10(=ベスト10)を選定していた。視聴者が求めるリアルなランキングを届ける情報性……いわば、“視聴者ファースト”を徹底したことが、人気の要因だと振り返る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

山口百恵のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山口百恵」に関する記事

「山口百恵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山口百恵」の記事

次に読みたい「山口百恵」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク