『イモ欽トリオ』で一世風靡した長江健次、萩本欽一を怒らせた「ハゲヅラ事件」

『イモ欽トリオ』で一世風靡した長江健次、萩本欽一を怒らせた「ハゲヅラ事件」
拡大する(全1枚)
長江健次

「たまたまスタジオに残っていただけで、“フツオ”に選ばれました」



 レギュラー番組の総視聴率から、“視聴率100%男”と呼ばれた萩本欽一冠番組『欽ドン!』(フジテレビ系)。第2シーズンとして始まった『良い子悪い子普通の子』で、素人ながらフツオ役に抜擢(ばってき)され、芸能界デビューをした長江健次。



「中学のころから地元・大阪の番組にチョコチョコ出ていたんです。それで『欽ドン!』の新メンバーで15~16歳ぐらいの男の子を探しているから……と、出ていた番組のスタッフさん経由で声をかけてもらったんです」



 大阪でのオーディションではものまねを披露したが……。



「遅刻してしまって、到着したのは東京から来たスタッフさんが帰る直前。向こうも急いでいたからか“この場で何ができる?”と聞かれて、とっさに“桜田淳子さんのものまねができます!”と披露したら合格。後日聞いたら、“ものまねは全然似ていなかったけど、恥ずかしがらずにすぐに特技を披露したのがよかった”と言われました(笑)。でも、次に進んだ東京のオーディションではすぐに落とされちゃいましたね」



 せっかく東京に来たから……と、テレビ局のスタジオを見学していたところ、幸運が訪れる。



「当初、フツオは山口良一さん。ヨシオを西山浩司さん、ワルオの代わりに“悪い子”役を中原理恵さんが演じる予定だったそうです。でも中原さんは『良い妻・悪い妻・普通の妻』の3役を1人でやることも決まっていたので、掛け持ちするのは負担だろうと。それで大将(萩本欽一)が、たまたまスタジオに残っていた僕をフツオに選んでくれたんです」


当時の記事を読む

萩本欽一のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「萩本欽一」に関する記事

「萩本欽一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「萩本欽一」の記事

次に読みたい「萩本欽一」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク