不倫ドラマなのに「身体の関係なし」で終わる?『うきわ』が描く新たな背徳感

不倫ドラマなのに「身体の関係なし」で終わる?『うきわ』が描く新たな背徳感
拡大する(全1枚)
『うきわ-友達以上、不倫未満-』で主演を務める門脇麦

 日本中を熱狂させた「東京オリンピックの閉会式翌日」というエアポケットのような日にスタートしてから8週間。女性視聴者たちを中心にジワジワと支持を集めてきた『うきわ -友達以上、不倫未満-』(テレビ東京系)が27日の夜、最終話を迎える。



 振り返ると今夏のドラマは不倫をテーマに扱ったものが多かった。『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)、『サレタガワのブルー』(MBS・TBS系)、『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系)、そして『うきわ』の計4作。それぞれ深夜帯の放送だけあって、生々しいベッドシーンなど扇情的な描写が見られた中、『うきわ』だけはプラトニックな世界観を貫き通してきた。



 同作の中心人物は、同じ社宅に住むパート主婦の中山麻衣子(門脇麦)と二葉一(森山直太朗)。麻衣子の夫・拓也(大東駿介)は同僚の福田歩(蓮佛美沙子)と、二葉の妻・聖(西田尚美)は陶芸教室の講師・田宮悠(田中樹)と「浮気を重ねている」という共通点を持っていた。



 隣室に住む2人は、ベランダの防火扉をはさんでの会話で距離を縮め、ゴミ出しの日だけは顔を見て話せるようになり、第4話でようやく秘密の食事デートを実行。しかし、帰り道に少し手をつないだだけで終わり、関係にまったく進展はなかった。



■我慢するほど背徳感が増していく

 第5話で麻衣子は勇気を出してベランダの壁を強引に乗り越え、一に気持ちを伝えようとするが未遂に終わる。第6話でも2人は隣り合わせの壁を叩き合って会話するピュアさを見せ、最終話目前の第7話でも早朝のスローランニングで会話するだけというプラトニックな関係を続行。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク