吉田栄作、内山理名との再婚報道で思い出す「ジャンボマウス」と「ありんこ発言」

吉田栄作、内山理名との再婚報道で思い出す「ジャンボマウス」と「ありんこ発言」
拡大する(全1枚)
『マネーの虎』に出演していたころの吉田栄作

 吉田栄作(52)が再婚に踏み出すことが『週刊女性』スクープでわかった。相手は内山理名(39)。前妻の平子理沙(50)とは18年間連れ添ったものの、2015年に離婚、子宝には恵まれなかった。栄作の父は「来年には結婚すると思う」としたうえで、



「孫の顔を見たいから、まだまだ死ねないよ(笑)」



 と、コメントしている。



■吉田栄作は面白名言の宝庫

 そんな栄作は、9月7日の『ラヴィット!』(TBS系)に生出演。大物ゲストなのに占いコーナーで最下位になってしまった。スタジオに気まずい空気が流れたが、実はおめでたい話が進行していたわけだ。



 その『ラヴィット!』には平野ノラも登場。あの巨大な携帯電話で「しもしも、栄作?」と話しかけていた。彼もまた、バブル期を思い出させる芸能人のひとりなのだ。



 そして、若いころの栄作は名言の宝庫でもある。1995年に休業して米国留学する際には、



「ジャンボになってやる」



 という発言が話題に。8月20日の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でその真意を聞かれると、



「ビッグになる、では普通すぎたので」



 と説明していた。だとすれば、彼の場合はビッグマウスならぬ“ジャンボマウス”というべきなのだろう。



 そのジャンボマウスが最高に炸裂したのが、'90年に出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でのこと。彼は芸能界を目指すきっかけとなった高校時代の経験を語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

吉田栄作のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「吉田栄作」に関する記事

「吉田栄作」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田栄作」の記事

次に読みたい「吉田栄作」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク