100kg超えの鈴木亮平、生理が止まった大竹しのぶ「役者バカ」たちの驚愕エピソード

100kg超えの鈴木亮平、生理が止まった大竹しのぶ「役者バカ」たちの驚愕エピソード
拡大する(全1枚)
左上から時計まわりに鈴木亮平三國連太郎さん、大竹しのぶ千葉真一さん

 日本のアクション俳優の草分けである千葉真一が8月19日に亡くなった。千葉といえば、映画『魔界転生』にて炎上する江戸城の中で行った、若山富三郎との迫力ある殺陣が有名。炎の中で長丁場の撮影を耐え抜いた千葉の役者魂は今も語り草である。



 最近では、『全裸監督』シーズン2で村西とおるを演じるにあたり2年かけて脂肪のみ10kg増やした山田孝之、病弱な役のときは20kg落とし、西郷隆盛を演じる際は100kgにまで増量した鈴木亮平のストイックさも話題だ。



■サプリをドイツから取り寄せ

 役者魂が如実に伝わる名優たちのこのようなエピソードは枚挙にいとまがない。映画『異母兄弟』に出演した当時34歳の三國連太郎は、老人の役を演じるため上下10本の歯を抜いたという。



 数々の映画やドラマを手がけてきた脚本家の竹山洋さんは「三國連太郎は怪優」だと語る。



「僕が助監督をやっていたあるドラマに、三國さんが犯人役として出演したんです。『どんなメイクをしてくるのかな?』と思っていたら、顔から身体から本当に人を殺したみたいな雰囲気を醸し出していました。逆に言えば、『三國さんとは絶対共演したくない』と拒否反応を示す役者もいた。ラブシーンなんか本気で来られるから、特に女優さんは嫌がる人もいたみたいですね」(竹山さん)



 役作りで歯を抜いた役者といえば、映画『楢山節考』で老女を演じるため40代にして自ら前歯を抜いた坂本スミ子や、チンピラ役を演じるために11本もの歯を抜いたり削ったりした北村一輝もいる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

鈴木亮平のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「鈴木亮平」に関する記事

「鈴木亮平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴木亮平」の記事

次に読みたい「鈴木亮平」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク